愛犬のドッグフード(食事療法)で病気から守る!《d?ch v? chuy?n phat nhanh》

愛犬の寿命寿命

 
あなたの愛切な愛犬は、現在何歳ですか?

人間と同じで犬も年々高齢化してきています。日本でペットとして飼われている愛犬のでは、7歳以上の犬は全体の40%以上と言われています。私の知り合いで、獣医師の方が言っていましたが、診察しに来る犬の半分以上は7歳以上とおっしゃっていました。そこで思ったのは、犬が年を取ってからの飼い方で、病気やケガを妨げたり病気の回復を早めることができるということです。

 

数十年前までは、犬は10年生きれば長生きと言われていました。ですが現在、ドックフードや住環境、動物病院の増加と医療の進歩などにより、犬の寿命はぐんぐんと伸びています。犬の種類によって変わってきますが、今では犬の寿命は12歳から15歳以上まで生きられると考えられています。

 

そこで現在では、7歳ぐらいからシニア犬の仲間入りと考えられてます。老化のスピードは犬の種類によって異なってきます。同じ7歳でも、大型犬の場合は人間で言うと54歳ぐらい、中型犬なら46歳ぐらい、小型犬なら44歳ぐらいになります。性別でみると、一般ではメスの方が長生きします。もちろん個人差もあるので、同じ犬の種類のシニア犬でも、若々しいワンちゃんもいれば、体力の衰えが目立つワンちゃんもいます。いずれにしても、犬の7歳は人間で言えば40代から50代です。このころは人間と同じで良いのも体や心のどこかに変化が起き始める年頃なのです。その変化をいち早く察知できるのが飼い主さんです。ですので、愛犬が7歳を過ぎたら、もう一度愛犬との生活を見直してみましょう。

 
 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ